個人再生なび

個人再生とは?借金額を決める「最低弁済額」の意味も解説!

このページを見ている人の中には、借金の返済が苦しくて何とかする方法を探しているうちに「個人再生」というキーワードを見つけて、よくわからないけれども調べてみたという人も少なからずいるでしょう。

ここでは、個人再生とはどんな手続きを意味しているのかに加えて、個人再生のキーワードとなる「最低弁済額」の意味を説明していきます。

個人再生とはどんな手続きを意味しているのか

個人再生とは、裁判所に申し立てて借金の元本を5分の1程度に減額してもらい、それを3~5年で返済していく債務整理の手続きを意味しています。

個人再生は裁判所を通す法的な手続きであるため、すべての借金を平等に整理しなければならないというルールが厳しく適用されます。

保証人付きの借金がある場合はその借金が整理されることで保証人に一括請求がいくことになりますし、完済前の自動車ローンがある場合は自動車ローンが整理されることで車が処分されますので注意してください。

個人再生の「最低弁済額」の意味

個人再生の「最低弁済額」とは、返済しなければならない最低限の金額を意味していて、「最低弁済額の基準」と「清算価値」という2つの基準によって決まります。

最低弁済額の基準とは、借金額ごとに決められている基準のことです。例えば、100万円~500万円の借金なら返済額は100万円、500万円から1500万円の借金なら返済額は借金額の5分の1といった具合です。

また、清算価値とは本人が持っている財産をすべて売却処分したときの価格のことで、100万円の車を持っている人なら、清算価値は100万円ということになります。

個人再生の最低弁済額は、最低弁済額の基準と清算価値のうち、高い方になります。

例えば、同じ400万円の借金がある人でも財産がなければ最低弁済額は100万円になりますが、1000万円の土地を持っている人だと最低弁済額は1000万円になります。

ちなみに、後者の場合は清算価値が高すぎるので、個人再生をする意味はほとんどありません。

まとめ

個人再生とは債務整理と呼ばれる手続きの一種で、裁判所を通して減額してもらった借金の元本を3~5年で返済していくことになります。

個人再生で返済することになる金額を最低弁済額といい、最低弁済額は借金額ごとに定められている最低弁済額の基準と、財産を売却処分したときの価格を示す清算価値とのうち、高い方になります。