個人再生なび

借金の踏み倒しが難しい理由と解決方法

借金の返済が苦しいと、「督促を無視して借金を踏み倒してしまおう」という考えが浮かぶ人もいるでしょう。

しかし、実際には借金を踏み倒すのはかなり難しく、差し押さえを受けるリスクがある危険な方法です。

借金の踏み倒しよりも有効な借金問題の解決方法がありますので、まずはこの記事を読んでみてください。

借金の踏み倒しが難しい理由

借金の踏み倒しをするには、まず借金の返済義務が時効を迎えることが必要で、さらに「時効の援用」という宣言をしなければなりません。

銀行・クレジットカード会社・消費者金融からの借金を踏み倒してしまうには、5年間の時効を成立させる必要があるのですが、その間1回も返済をしてはいけません。返済をすると、時効のカウントが0に戻ってしまうからです。

しかし、督促を無視し続けていると、まず会社側から「借金を一括払いで全額返済してください」という内容証明郵便が来ます。この通知によって、時効が成立するまでの期間が半年延長されます。

それでも滞納を続けていると、会社側から裁判を起こされ、敗訴すると裁判所から支払命令が出されます。これによって、時効の期間が5年から10年に延長され、さらに財産や給料の差し押さえを受けるリスクが発生します。

このように、借金の踏み倒しは現実的にはとても難しく、差し押さえを受けるリスクが非常に高いので、危険だといえるのです。

借金の踏み倒しができないときの解決方法

借金を自力で返済できず、踏み倒しも難しいとはいえ、あきらめることはありません。

返しきれない借金を抱えてしまった人は、債務整理という法律で認められた方法で借金を減額してもらったりなくしてもらったりできるからです。

債務整理には、利息や遅延損害金を0円にできる任意整理、元本を5分の1程度まで減らしてもらえる個人再生、借金そのものをなくしてもらえる自己破産といった種類があります。

お金がない人でも自己破産はできますし、弁護士などへの依頼費用は市区町村役場に相談するなどの方法で立て替えてもらうことが可能ですので、まずは債務整理について詳しく知って下さい。

債務整理を三重県でお考えなら

まとめ

借金の踏み倒しには時効を成立させる必要がありますが、実際に時効を成立させるのは非常に難しく、裁判になって給料や財産の差し押さえを受けるリスクが高いです。

借金の踏み倒しよりも、借金を減らしたり無くしたりできる正式な手続きである債務整理を検討したほうが、はるかに現実的で安全です。

今まったくお金がない人でも債務整理をするのは不可能ではないので、債務整理について調べたり、市区町村役場などに相談したりするといいです。