個人再生なび

個人再生で使う委任状って何?書式はどうすればいいの?

個人再生では「委任状」という書類が必要になりますが、「委任状が何なのかよくわからなくて不安」「委任状の書式がわからない」「委任状がどんなふうに使われるのか知っておきたい」など、気になる点がある人は多いようです。

ここでは、個人再生で使われる委任状について、書式や用途も含めて説明していきます。

個人再生の「委任状」とは?

個人再生で必要になる「委任状」とは、自分の代理として何らかの行為を他の人に行ってもらうために必要な書類です。

個人再生では、裁判所に申し立てを行ったり、再生計画を作成・提出したり、異議申し立てをしたりと、様々な手続きを行う必要があります。

そうした手続きを弁護士に行ってもらうためには、本人が弁護士を代理人として指名したという証拠が必要になりますが、その証拠となる書類が委任状というわけです。

逆に言えば、たとえ弁護士といえども、委任状なしに手続きを行うことはできないということです。

個人再生で使う委任状の書式は?

個人再生で使う委任状には、日付、本人の住所・氏名・印鑑、弁護士の氏名・所属弁護士会、法律事務所の所在地・電話番号、委任する行為の範囲、といった内容を記載することになります。

委任状は本人が一人で作らなければならないものではなく、弁護士と一緒に作成する書類です。

弁護士の方から書式をもらい、必要な個所だけ記入・捺印して返すという流れになることが多いです。

委任状は個人再生でどんなふうに使われるの?

個人再生を弁護士に依頼すると、まず受任通知というものが会社側に送られ、その後個人再生が終了するまで、借金の返済が一時的にストップします。この受任通知を送るのにも、委任状が必要です。

また、その後は裁判所への申し立てを行い、債権額の調査・確定、再生計画案の作成・提出といった手続きを行う必要がありますが、そうした裁判所での手続きにも委任状を使います。

さらに、書類に不明点があった場合などは裁判所から本人が呼び出されることになりますが、弁護士に委任状を渡していれば、弁護士が代わりに裁判所へ行ってくれます。

まとめ

個人再生で使う委任状とは、本人の代理人として何らかの行為をしてもらうために弁護士を指名したという証拠になる書類のことです。

委任状を作るときは、弁護士から書式をもらって必要な個所に記入・捺印するだけで済むことがほとんどです。

個人再生では、弁護士が受任通知の送付や裁判所での手続きなどをすることになりますが、そうした手続きの一つ一つに委任状が必要となります。