個人再生なび

自己破産の意味とは?免責不許可事由についても詳しく説明

自己破産というと、家財をすべて差し押さえられて一文無しになってしまうというイメージがあるのではないでしょうか。

実際には、自己破産というのは生活に最低限必要なお金やモノを残して経済的にリセットできる制度です。

ここでは、自己破産の正しい意味について説明し、自己破産でよく言われる免責不許可事由についても解説します。

自己破産の意味とは?

自己破産とは、裁判所に申し立てて財産を処分する代わりに、借金の支払義務をすべて免除してもらう手続きを意味しています。

自己破産では、預金や有価証券(株や為替など)、家や土地などの不動産、車やバイクなどの財産を売却処分し、売上を配当として借金の借入先に配布します。

しかし、99万円以下の現金や衣類・寝具・家具・家電といった生活必需品は手元に残すことが認められているので、最低限のお金とモノは持ったまま経済的な再スタートを切ることができます。

自己破産の「免責不許可事由」の意味とは?

自己破産は借金をなくせる強力な手続きですが、悪用されないよう「免責不許可事由」という条件が定められています。

免責不許可事由とは、「この条件に該当する場合は自己破産を認めない」という条件を意味していて、具体的には浪費やギャンブルによる借金、手続き上の不正、財産隠し、以前の自己破産から7年以上が経っていない場合などがあります。

しかし、免責不許可事由にあたる場合でも、裁判所の裁量で自己破産を認めてもらえる場合があります。

例えば、浪費やギャンブルによる借金の場合、本人が心から反省していることを示し、誠実に手続きを行えば、ほとんどの場合は自己破産を認めてもらうことができます。

まとめ

自己破産の意味とは、財産を処分する代わりに借金の支払義務を免除してもらう手続きのことです。

自己破産をしても、99万円以下の現金と生活必需品は残すことが認められているので、一文無しにはならずに人生の再スタートを切ることができます。

自己破産には悪用防止のために「免責不許可事由」という条件が定められています。

免責不許可事由には浪費やギャンブルによる借金、自己破産をするうえでの不正などがあります。

しかし、浪費やギャンブルによる借金の場合は、反省を示して誠実に手続きをすれば、裁判所の裁量で免責を認めてもらえる可能性が高いです。

三重県で自己破産するならオススメの弁護士はこちら