個人再生なび

個人再生委員って何?費用や仕事内容について解説

個人再生について調べていて、「個人再生委員」というものが気になったという人は結構いるのではないでしょうか。

東京地方裁判所で個人再生をする場合は必ず個人再生委員がつきますし、他の裁判所に申し立てをする場合でも、個人再生委員が選ばれるケースはあります。

ここでは、個人再生委員について、費用や仕事内容を含めて解説していきます。

個人再生委員とは?

個人再生委員とは、個人再生の指導をするために裁判所によって選ばれる弁護士のことで、第三者的な立場から助言や監督といった仕事をします。

東京地方裁判所に申し立てを行った場合、個人再生委員は必ず選ばれます。

それ以外の裁判所に申し立てをすると、弁護士・司法書士がいない場合や、借金額・財産の金額が大きい場合に個人再生委員がつけられることが多いです。

また、弁護士に依頼した場合、個人再生委員はつかないことが多いですが、司法書士に依頼した場合はケースバイケースで個人再生委員が選ばれます。

個人再生委員の費用

個人再生委員は弁護士なので、選任された場合は「予納金」として個人再生委員の費用を支払わなければなりません。

個人再生委員の費用の相場は15万円~25万円とかなり高額になっていますが、弁護士を代理人としている場合はまったくかからなかったり、かなり安い金額で済んだりします。

個人再生委員の仕事内容

個人再生委員は、裁判所への申し立てで提出された書類や本人の財産・収入についてなど、入念な調査を行います。

また、申し立てをした本人と面談を行い、収入や財産のことなど書類の内容で確認すべきことについて質問をします。

さらに、履行テストという積み立てテストが行われる裁判所では、個人再生委員が履行テストの監督をします。

これらのステップの結果を踏まえて、裁判所に意見を述べるのも、個人再生委員の仕事です。

まとめ

個人再生委員とは、第三者的な立場から個人再生を指導・監督するために裁判所によってえらばれる弁護士のことです。

個人再生委員が選ばれる場合は、予納金として15~25万円の費用がかかりますが、弁護士に個人再生を依頼している場合は、費用がかからなかったりはるかに安く済んだりすることもあります。

個人再生委員は、調査・面談・履行テストの監督・裁判所への意見陳述といった内容の仕事をします。