個人再生なび

個人再生は訴えられる前でも訴えられた後でもできる!

借金を滞納し続けるとお金を借りた会社から訴えられることになり、裁判所から支払命令が出て最終的には差し押さえを受けることになります。
しかし、訴えられた後でも、個人再生をすることで差し押さえなどの強制執行を止めることが可能です。
ただ、会社側から訴えられる前に個人再生をしてしまったほうが、自宅に訴状など裁判所からの郵便物が来て家族にバレてしまうデメリットや、訴訟費用を支払わなければならなくなるデメリットを避けることができます。

借金を滞納し続けると訴えられるが個人再生で対応可能

借金を滞納すると、まず電話や郵便で督促が行われますが、2~3カ月経っても返済が行われない場合、「内容証明郵便」で借金を一括返済するようにとの請求がされます。
それでも無視し続けていると、会社側から裁判に訴えられることになり、最終的には裁判所から支払命令が出て財産や給料を差し押さえられます。
しかし、訴えられた後であっても、個人再生の手続きを開始することで、差し押さえを差し止めてもらうことが可能です。
個人再生を行っても裁判自体を止めることはできませんが、差し押さえなどの強制執行は行えないルールになっているので、訴えられてしまった場合は個人再生をするのがかなり有効な対策であるといえます。

訴えられる前に個人再生をしておくメリット

とはいえ、訴えられた後に個人再生をするよりは、訴えられる前に個人再生を始めてしまった方が、デメリットを減らすことができます。
まず、裁判に訴えられると、自宅に訴状など裁判所からの書類が郵送されるので、それを見た家族に借金のことがバレてしまう可能性があります。
また、訴えられて実際に裁判となった場合、訴訟費用を負担しなければならないというデメリットもあります。
訴えられる前に個人再生をしてしまえば、こうしたデメリットは避けられますので、借金が返済できないと感じたら、早めに対策をするようにしましょう。

まとめ

借金を滞納すると、電話や郵便で督促が行われた後に内容証明郵便で一括返済の請求が来ますが、それも無視していると裁判に訴えられることになります。
訴えられた後に個人再生を開始した場合、裁判自体を止めることはできませんが、差し押さえなどの強制執行を行うことができなくなるため、個人再生や訴えられた後の有効な対策であるといえます。