個人再生なび

借金返済の裏ワザ「個人再生」を紹介

借金が返しきれずに困っている人の中には、「借金を減らせる裏ワザはないだろうか」と考える人も少なからずいることでしょう。
借金の元本を減らすには、「個人再生」という裏ワザがあります。
ここでは、個人再生がどんな裏ワザなのかを説明したうえで、ローン完済前の自宅を残して個人再生できる「住宅ローン特則」という裏ワザについても紹介していきます。

個人再生は借金の元本が減らせる裏ワザ

個人再生とは、裁判所に申し立てて借金の元本を5分の1程度に減額してもらい、3~5年かけて返済していくという形の債務整理です。
個人再生では、借金額ごとに返済額の基準が決められていて、その金額まで元本を減額してもらうことができます。
借金額100万円未満:借金額の全額
借金額100万円~500万円:100万円
借金額500万円~1500万円:借金額の5分の1
借金額1500万円~3000万円:300万円
借金額3000万円~5000万円:借金額の10分の1
借金額5000万円を超える場合:個人再生できない
ただし、個人再生をする人に財産がある場合、持っている財産をお金に替えたときの金額は最低でも返済しなければなりません。このルールを「清算価値保障の原則」といいます。
例えば、同じ300万円の借金がある人でも、財産が無い人は100万円まで元本を減額してもらえますが、200万円の車を持っている人は200万円までしか減額してもらえません。

ローン完済前の自宅を残せる裏ワザ「住宅ローン特則」

上述した清算価値保障の原則があるため、自宅がある人の場合は、自宅を売却処分したときの金額を最低でも返済しなければならないことになります。
つまり、1000万円の価値がある自宅を持っている人は、1000万円までしか借金を減額してもらえないのです。
しかし、住宅ローンが完済する前の自宅であれば、「住宅ローン特則」という制度を利用して、自宅を残したまま個人再生することができます。
住宅ローン特則とは、住宅ローンのみを個人再生の対象から外すシステムなので、個人再生後は借金の返済と住宅ローンの支払いを並行してやっていくことになります。

まとめ

借金返済の裏ワザとしては、元本を大幅に減額してもらえる個人再生があります。
個人再生では、借金額ごとに決められた最低返済額の基準か、自分が持っている財産を売却処分したときの金額の、高い方を3~5年で返済することになります。
自宅を持っている人は自宅を売却処分したときの金額までしか借金が減額されませんが、ローン完済前の自宅であれば、「住宅ローン特則」を利用することで自宅を残したまま個人再生することが可能です。